平塚エージェンシー 公式サイト。警察や弁護士に相談してもダメ。そんな時、あなたはどうしますか?司法の世界でも解決できない。でも泣き寝入りは我慢できない。不条理な現実に立ち向かうには、あなたの勇気が必要です。私たち平塚エージェンシーは、そんなあなたに戦いの知恵を授けます。

代表メッセージ

私がこの会社を興したきっかけはサラリーマン時代に経験した多くの大手企業の苦情処理対応を体験して、これでは組織犯罪と同じではないか?と感じたことです。

コンプライアンス意識の高まりによって、法的に許されていれば何をしてもいいという風潮がスタンダードになっています。これは特に日本以外の国から見ると大変危険な状況です。

例えばアメリカでは連邦法、州法、コモンローという3つの法律があります。日本は日本国憲法以下法律は1つしかありません。コモンローというのは判例や慣習が法律になるという日本人には到底理解できない法律です。

日本以外の国では慣習も法律なのです。最近日本の法律という英訳がlawからactに代わりましたが、actという言葉は慣習を意味するものです。つまり世界のコンプライアンスは慣習を重視する世の中に変化してきているのです。

日本では逆に法律さえ守っていれば何をやってもいいという世の中に変化してきています。しかし、世の中に反感を買った企業は、その企業のサービスやものを二度と買わないという法律以外の逆襲を受けたり、法律そのものを変えて業界自体壊滅させる結果は遅かれ早かれやってきます。

本当の企業防衛とは何か?ここをコンプライアンスだけではなく、多用や要素をかみ合わせ、世の中に必要な企業となるべくコンサルティングをするのが弊社の業務になります。

幸い、弊社の顧問企業はこの方法でこのご時世でも業績は好調のようです。

既存の危機管理コンサルティングとは全く違った思考や行動で御社の業績を伸ばすのがわたくしたちの会社の使命です。

またこの斬新な思考や行動を多くのマスコミ媒体にも公開していきます。

ぜひ御社の成長の手助けができれば幸いです。

 

平塚俊樹